緊張しがちで、人前で話すのが苦手・・・

突っ込んだ質問をされると頭が真っ白になる・・・

そんな人がたった2つのことをするだけで

2度と緊張することなく


面接で堂々と話せるようになる方法

のすべてを伝授します。



昔から話すのが苦手で面接で上手くアピールできない。

あがってしまい、頭が真っ白になり言葉が出なくなってしまう。

思いもよらない質問が来て、動揺し上手く返答できない。


こんな経験とは二度とおさらばしましょう。

あなたに、面接で魅力的に話せるある2つのコツを伝授します。




「面接で自信たっぷりに堂々と話せたら・・・」




そう思ったことはありますか?

圧倒的に人を引き付けるオバマ大統領や、企業説明会で魅力的に話す社会人を見て、

「あー、自分もこんな風に自信を持って話せたら・・・」


と思ったことはありませんか?


「そんな想像したこともありません」



と言うのであれば、この手紙をあなたは読む必要はありません。


もしかしたら、あなたは天才的に頭の回転が速く、どんな状況でも動じない鉄の心臓を持っているのかもしれません。



しかし、あなたが自信過剰か、天才でない限り、思った事があるはずです。




人を引き付ける話し方を身につけたい




と・・・・


私は、あなたが口下手なのか、あまり社交的でないのか、緊張しがちであがり症なのか、なんて分かりません。

この手紙で話したい事は、あなたがどんなコンプレックスがあるのかではありません。


私があなたにお話ししようとしているのは・・・・・



あなたが目にしていたオバマ大統領や、カッコいい社会人のように、

自信を持って人を引き付ける話し方を身につけることは可能だという


「事実」についてお話しするのです・・・・




「話すのが苦手」


こう思っている人が多くいます。

私も、そうでした。

口下手だし、人前で話す事が大の苦手でした。


しかし、これは早いうちに克服しないと一生損します。

人前で話す機会を避けてばかりいたり、いざという時に力が発揮できないことは、面接だけでなく、

これから先の仕事の場でも損をします。



内定を取るためだけでなく、これから社会人として活躍していくためにも、

緊張を克服し、堂々と話せることは意味があるのです。




あがってしまう人はほとんどの理由を

「自分に自信がないから」

だと思っています。


「もし失敗したらどうしよう」

「もしダメなやつだと思われたらどうしよう」

「恥をかきたくない」

こういった他人の評価が気になるわけなんです。


しかし、これらはあくまで「思考」であって、「現実」になったことではありません。


このような状態で面接に行くと、足が震えたり、顔が赤くなったり、冷や汗をかいたり、息が苦しく

なったりと、とても話に集中できる状態ではありません。

このような体に現れる現象も、もとをたどれば
 「思考」が原因です。

だから、考え方を変えれば、堂々と話すことが出来るようになります


これが1つ目の方法です。




面接官の厳しい質問で・・・



普段はあがり症ではない人も、

面接のとき、全く予想外の質問が来て


「えっ!?そんなこと考えたことも無い。なんて答えよう・・・・」


急激に胸の鼓動は高まり、心臓バクバク、背中をツーと冷や汗が流れる。


「答えなきゃ。何か答えなきゃ」と焦っても頭はぜんぜん回らず


頭は真っ白のまま、とっさに出た言葉は自分でもなに言ってるか意味不明。


こんな経験、僕は何回もありました・・・



想定外の質問や、厳しい面接官の突っ込みに対して、どうしても焦ってしまい、

沈黙に耐えきれずに出した言葉で大きく評価を下げてしまう・・・


「はぁ・・・なんで上手く答えられなかったんだろう・・・」

「今日もダメだった・・・・」


そう肩を落としながら、会社を後にした事は1度や2度ではありません。





どうやったら、切り抜けられるのか?





何度か面接をこなしてたとしても、想定外の質問はあるものです。

そのたびに、言葉に詰まって、しどろもどろになってしまっていては、

いつまでたっても内定は取れません。



大体、そういった想定外の質問は何度も聴かれるものでないんです。

一度失敗したから、次はしっかり同じ質問が来たときのために準備したにもかかわらず、

結局全然聞かれない。


今度は違った角度からまた想定外の質問が来て、もっとパニックになる。

これは、再現性の無い準備をしているからです。



想定外の「考えたことも無い。どうしよう?」となってしまうような質問が来ても、

どんな場面でも応用できる、対処法を伝授します。

その方法を使えば、想定外の質問が来ても、冷静に切り返し、高評価を獲得できます。



また、




心の中では熱い思いを持っているのに、
それが面接官に全然伝わらない





こう思うことはありませんか?


面接官だって、1人の人間です。

どっちに内定と出そうか迷った時に、

最終的に合否の決め手となるのは、「学生の熱意」なんです。



どんなに優秀な学生でも、熱意がないと判断されれば、内定は貰えません。

一方で、熱意がみなぎっている学生は、面接官に好意を持ってもらえます。


ただし、どんなに自分では熱意があると思っていても、

相手に伝わっていないのでは意味がありません。






「こんなに自分は熱意があるのに、何で伝わらないんだろう?」


「自分の気持ちを、相手に伝えることができない。」



こんな風に思う人は一番損をしています。



あなたがどんなに一生懸命話しても、面接官はいつも不満げな表情。

時にはため息をつかれたり、上の空で話を聞いてもらえなかったり。

熱い気持ちを伝えきれない、これほど残念なことはありません。





そんな、非常にもったいない方のために、

HOT⇒HOT

つまり、熱い気持ちを、熱く表現する。

自分の思いを相手に届ける方法を教えます。


自分の熱意を、しっかりと表現することで、相手に伝えることができるんです。


まとめますと、

1、たった2つのことをマスターしを緊張克服する方法

2、面接官の厳しい質問を切り抜け、評価を落とさない方法

3、思いがあっても伝わらなければ意味が無い。熱い思いを熱く伝える技術



この3つのノウハウが書かれています。



そして、

ここに書かれている方法は、読めばすぐに実行できます。

明日の面接にも使える、即効性の高い方法ばかりを取り上げました。

これらを実践することで、もう緊張のあまり力が発揮できず、

悔しい思いをすることは無くなります。




この緊張克服法は、別に面接だけで使えるわけではありません。

今後の人生において、プレゼン、会議、商談、接客、すべの場面で活用できるノウハウです。


そして、

ここに書かれている方法は、読めばすぐに実行できます。

明日の面接にも使える、即効性の高い方法ばかりを取り上げました。

これらを実践することで、もう緊張のあまり力が発揮できず、

悔しい思いをすることは無くなります。


ただし、読んだだけでは意味がありません。

読んだことを実践して、初めて意味があります。


実践する気のない方は、購入を控えてください。


このマニュアルの価格は7800円になります。

この緊張克服法は、別に面接だけで使えるわけではありません。

今後の人生において、プレゼン、会議、商談、接客、すべの場面で活用できる

一生モノのノウハウです。

もしかしたら、7800円は高いと感じたかもしれません。

あなたが、一人暮らしをしている学生だったならば躊躇してしまったかもしれません。

しかし、「1日260円節約してください。」そう言われたら

「吉田さん、そんなの楽勝ですよ」って思ったことでしょう。

それを30日続けたとしたら、7800円になります。

つまり、1日に260円、タバコ1箱にも満たない金額を節約するだけで、

就職活動が成功できるのです。

あなたはどう思いますか?



この緊張克服法は、別に面接だけで使えるわけではありません。

今後の人生において、プレゼン、会議、商談、接客、すべの場面で活用できる

一生モノのノウハウです。

もしかしたら、7800円は高いと感じたかもしれません。

あなたが、一人暮らしをしている学生だったならば躊躇してしまったかもしれません。

しかし、「1日260円節約してください。」そう言われたらどうですか?

「そんなの楽勝ですよ」って思ったことでしょう。

それを30日続けたとしたら、7800円になります。

つまり、1日に260円、タバコ1箱にも満たない金額を節約するだけで、

就職活動が成功できるのです。




ただし、今だけは先行販売として6000円
でご提供します


本気で就活する気のない人は先行販売に参加しないでください。

「就活なんてめんどうだから、適当に終わらせればいいや」

「どこでもいいから、早く決めちゃいたい」

こんな風に思っている人がこのマニュアルを手にしてもきっと実践で活用してくれないと思います。


このマニュアルは実践で、即座に効果が上がる具体的な方法しかのせていません。

あなたが、自分の将来を本気で考え、

このマニュアルを面接ですぐにフル活用していただけるのでしたら、

今だけの先行価格として6000円でご提供いたします。



先行販売はいつ終了するか分かりません。

もしかしたら、明日には終了してしまう可能性もあります。

参加する意思があるのでしたら、お早めに行動することをお勧めします。











追伸

面接で緊張してしまうのは、誰しもが経験することです。

特に、志望度が高くなればなるほど、「失敗したくない」という気持ちが強くなり、

緊張の度合いは増します。

本気になってるからこそ、緊張するんです。

僕も第一志望の最終面接の日は、前日から緊張してきて、夜も眠れませんでした。

でも、その緊張をバネにして、自分の力を発揮したことで、

内定を取ることができたのだと思います。

もう緊張なんて怖くありません。

さぁ、面接で楽しく話せるあなたになりましょう!

はい!モニター価格で今すぐ参加します!



吉田一也


特定商法について